tsutaya
「闘病の真実」出版記念イベント
イベント

イベント

岩井正修トークライブ
~この領地で生きるなら考え続けろ~


【日時】 2019年1月26日(土)14:00~15:30
【場所】 TSUTAYA美しが丘店 イベントスペース

【主催・出演】
闘病伝承者・闘病作家 岩井正修
ファシリテーター みどりたす企画 芦野雅代

【イベント内容】
闘病伝承者・闘病作家
岩井正修(いわい・まさみ)の書き下ろし、
デビュー作「闘病の真実」出版を記念して、
著者によるトークライブとサイン会を開催します。

【トークライブ詳細】
ガン治療、余命宣告、長きにわたる闘病と
絶望の淵から、作家自身の体験を通して
感じた世界から導き出された生きるための哲学を元に、
余命宣告を過ぎてもなお抗ガン剤・放射線治療を続ける
現役の患者であり、労務不能と宣告されながら
働き続ける強さや意地、そしてその覚悟を語ります。
※岩井氏と芦野氏で対談形式の
トークライブを行います。
ガン闘病に必要な哲学は、ガン闘病中の方だけでなく
医療関係者やすべての人へ捧げる処方箋。
今を生きるのが苦しくなった時に効く本書が
必要な方へ届きますように。

【著者プロフェール】
岩井 正修(いわい・まさみ)
昭和45年7月23日生
大学卒業後、北海道石狩群新篠津村役場で勤務。
45歳時宝飾21年で自主退社し闘病に専念する。
自身が41歳時「虫垂癌」と宣告され手術、
その後局所再発、腹膜播種、リンパ節転移の為、
抗ガン剤、放射線等の治療を続け、現在に至る。
余命宣告された主治医からは
労務不能と言われながらも、現在は同村にて
「創作割烹小岩井」店長として勤務。
運営会社である、合同会社 匠・TAKUMI工房
(たくみこうぼう)常務取締役。
自身の闘病経験から得た気付きを元に、
執筆、講演等で多くの闘病者を
励まし勇気付けることをライフワークとしている。

一覧へ戻る