Flying Tiger Copenhagen

Flying Tiger Copenhagen 期間限定ショップOPEN!
2019.9.3(tue)〜11.4(mon)

日本でも大人気のデンマーク生まれの雑貨ストア「フライング タイガー コペンハーゲン」が、期間限定で美しが丘TSUTAYAにOPEN!
家庭用品からおもちゃにお菓子、文房具などのパーソナル用品まで、ポップでユーモアにあふれた北欧デザインの雑貨アイテムが勢ぞろい。
平均価格帯も200~400円とうれしいハッピープライス!
ファンの方も初めての方も、「フライング タイガー コペンハーゲン」の世界観をお楽しみください!!

開催期間:9月3日(火) ~ 11月4日(月)
時間  :9:00~24:00
場所  :美しが丘TSUTAYA[サムシングスペース]

Flying Tiger Copenhagenとは

Flying Tiger Copenhagenは、1995年に北欧デンマーク・コペンハーゲンで誕生し、現在ではヨーロッパを中心に世界の30国と地域に987店舗を展開しています。
ユーモアや色彩に富んだスカンジナビアンデザインのアイテムを通じ、驚きとエンターテイメントにあふれたショッピング・エクスペリエンスを提供するファンライフスタイル雑貨ストアとして、注目されるブランドとして成長しています。
2019年3月1日現在、日本では東京、千葉、神奈川、埼玉、茨城、静岡、愛知、京都、大阪、兵庫、岡山、広島、福岡の全26店舗を出店しています。
ショッピングの喜びをスタイリッシュにお届けするために、みなさまおひとりおひとりの暮らしの中で新しい価値がふくらむ商品、人と人とがつながりあい関わりあう中で喜びが生まれるような商品、そして、友人や家族とともに過ごすかけがえのない時間がさらに豊かに輝くための商品を提案し続けます。

Flying Tiger Copenhagen ブランド名の由来

ブランドの始まりは、創設者レナート・ライボシツが1988年デンマーク・コペンハーゲンに、10クローネショップ「ゼブラ(Zebra)」として オープンさせた雑貨店です。
デンマーク語でタイガーは「ティアー(Tiger)」。 1998年、その発音がデンマークの通貨クローネを意味する「ティアー(Tier)」と似ていることに、当時7歳だったレナート氏の娘が気づき、10クローネで購入できるアイテムを多く取りそろえている雑貨店であることから、「タイガー(Tiger)」と改名しました。
日本では表参道ストアのオープン時に、飛躍の意味を込めて「フライング(Flying)」と付けくわえられ、現在の「フライング タイガー コペンハーゲン(Flying Tiger Copenhagen)」となりました。

一覧へ戻る